風がふいても負けずにクルトン!!!!!

元役者の会社員クルトンが、いろいろ書くブログ。

今一番気になっていることは何か。もっちり太ももと、ぽっこりお腹である。

お題「気になっているもの・欲しいもの」

 

こんにちは。クルトンです。

 

最近、自分で1つテーマを決めて書き進めるより、

お題があった方が筆が進むということに気づきました。

 

今回は、

はてなブログのお題、「気になっているもの・欲しいもの」に参加します。

 

 

2017年7月現在、気になっていることは

ぽっこりお腹と、もっちり太ももである。

 

役者時代は日々ストレッチやダンス等でトレーニングしていた為、

当然のように、脂肪はつきづらかった。

「丁寧に自己管理なんてしなくても、太らないんだな」

と、甘々に思っていたツケが、

今、デスクワークが常となった30歳のわたしに返ってきている。

 

お腹はぽっこりして、掴むとぷにぷにして気持ちいい。

姿勢を悪くすると、たまに三段になる。愉快痛快である。

ももは、許容範囲が広いと言われたこともあるわたしですら、言葉を失う。

元々くびれが出来づらく、凹凸が少ない体のラインの中で、

ももだけがふくふくと存在感を強調している。

体の変化が、女性へ与える心身のダメージはいかばかりか、

今思い知っている。

 

炭水化物大好き、

ガツガツと口に頬張って食べるのに幸せを感じる、

運動は週に1度、自転車に乗るか乗らないか

 

こんな生活を続けていたら、

かつての美声の源であるインナーマッスルが落ちるのは当然だし、

元々少なかったアウターマッスルも急降下だ。

(ちなみにインナーマッスルとは、内側の筋肉のこと。

 アウターマッスルは外側の筋肉だ。

 ゆっくりした動きで体に負荷をかけると、インナーマッスルに効き、

 アウターマッスルには素早い動きが効く)

 

8月には地元で自転車レースに出る予定だ。

女子ナンバーワンを狙ってやる!という、おこがましい野望は全くないが、

制限時間、5時間のうちに80キロのコースを完走する

これぐらいは何とか達成したいと思っている。

 

その為には、

「最近太ってきちゃったなぁ(まいっか)」

という精神ではアカン。

筋肉トレーニングをしよう。そうしよう。

 

毎日腹筋30回は己に課したい。

息を吐きながらゆっくり数を重ねるのが好きだが、

シャカシャカ素早くトレーニングするのも、

外側の筋肉をつけるには大切なのかもしれない。

 

そして、太ももに効く、足のばしをやろう。

 


脚に立体感を作るエクササイズ・太ももの内側

 

ネット記事推薦の動画な訳なのだが、

うむ、やらぬより良いだろう。

お気に入りのパンツが履けなくなったら事だ。

 

あとは…食事だよなぁ。

根本的に解決しなきゃならないのは…。

 

がつがつ食べを直そうとは思うのだが、

満腹感は感じるが、満足感は感じない…。

これは病気なのだろうか。

誰かおしえてほしい。

ひとまずよく噛んで食べることにする…。

 

 

少し時間をあけて、

体の変化などあったら、報告したいと思う。

3日坊主で放置されるかもしれないが、

その場合はおそらく、

体のどこかしらが以前より悪化した

という記事がいつか投稿されるに違いない。

それはそれで、ネタとして美味しいかもしれぬ。

 

わたしの記事を見て、

こんな風にはなるまい、と思ってくれる人が1人でもいるならば

それはこの上ない僥倖である。

 

 

夏は暑いが、冬に比べてストレッチの効果が出やすい。

筋肉は鍛えたら鍛えた分だけ結果が返ってくるし、

疲れにくくなるし、ストレスを減少させるセロトニンも出る。

 

いいことづくめだ。

だから、頑張って、筋トレしよう。

 

(とはいえ、過度に無理するのは嫌いなので、

 ゆるっと筋トレしていこうと思うよ。)

 

 

クルトン